自分を試すチャンス?フリーエンジニアのアプリ開発の副業

フリーエンジニアはアプリ開発で副業

近年のスマホブームによって一気にアプリ開発者の需要は高まっています。フリーエンジニアのなかでアプリ開発ができる人は、ぜひチャレンジしたい副業といえるでしょう。スマホアプリは、サーバサイドの開発もありますし、デザイナもいるでしょう。小規模であっても、必ずチームで開発していくことになります。いろいろな人と一緒に仕事をすることはエンジニアとしての幅を広げる良い経験になるでしょう。自分の技術を試すいいチャンスともいえます。

フリーエンジニアはアプリ開発で副業


メリット

フリーエンジニアでアプリ開発をしている人は、自作のアプリで収入を得ている、あるいは得る予定の人が多いと思いますが、収入が予測できず生活が不安定になる恐れがあります。副業では、受託開発がほとんどですので、その不安は解消されます。営業活動などに時間を取られることもなくなります。また、本業以外の収入源ができるのが精神的にも余裕を与えてくれます。企業の歯車としてではなく、一個人が企業と対等に仕事をすることができ、自立した満足感を得ることができるでしょう。

デメリット

どうしても副業をするとオーバーワークになることが多いようです。本業が時間に余裕があればよいですが、出向などで時間拘束されているような場合ですと、寝る時間を削ったりと生活にも影響がでる恐れがあります。また、作業時間の確保にも神経を使うことが増えてきます。開発の仕事は、どうしてもある程度のまとまった時間が必要になります。その時間を本業との兼ね合いでどう捻出するかがポイントになるようです。

まとめ

好きな時間に仕事をして、その分収入が増えるというのは経済的にも精神的にもフリーエンジニアにとって、とてもメリットのあることです。コスト意識も高まり、時間を有効活用しようと意識するようになり、効率的に作業ができるようになるでしょう。
しかし、小さなことでもストレスがたまりやすくなることが多いようです。基本的に、副業での開発はリモート作業になることが多く、直接打合せをすればすぐに理解できることも、メールや電話でコミュニケーションを取ることになります。そうした環境では、些細なことでもイライラすることに発展しかねません。空気感を共有できるチームであればよいですが、マネジメントがきちんとできるリーダの元でないと難しいかもしれません。
ただ、前述のとおり、様々な人と開発経験を持つのは、とても良い影響をもたらすと思います。今後の仕事にも必ず活かすことができる経験になるでしょう。もちろん、エンジニアとしてスキルアップにもつながりますから、本業にもいい影響があるに違いありません。

フリーエンジニア副業トピックス

Copyright © 2014 フリーエンジニア副業トピックス All Rights Reserved.