多い?少ない?フリーエンジニアの副業での平均収入は?

フリーエンジニアの副業の平均収入

サラリーマンエンジニアでは、会社が副業を認めていないなどの理由からそれほど多くの人が副業をしているわけではありません。しかし、フリーエンジニアであれば何をしても自由ですから、そういう意味ではどんな働き方もできることになります。
エンジニアのスキルを活かしたIT関係の副業から、週末だけアルバイトに出たり、肉体労働をすることも可能です。

フリーエンジニアの副業の平均収入


気になる副業の平均収入は?

インターネット上のデータによれば、副業をしているフリーエンジニアは、平均47万円ほど1年で副収入があるようです。それほど多い印象ではないですが、本業以外に47万円も収入がプラスされると今よりももっと生活が豊かになるような気がしますね。
また、「お金」以外にも得るものはたくさんあるようで、本業では知り得ない異業種の人と知り合いになったり、自分の隠れたスキルを見つけたり、またそれを育てることにもなります。好きなことを副業にできるとストレス発散にもなり、より本業に力が入るようになったと答える人もいます。
せっかく身に付けた知識やスキルは使わなければもったいありません。休暇と副業をうまく活用することで、お金以外の余裕も生まれるのではないでしょうか。

副業しやすい環境

インターネットを使った副業は、投資もそれほど必要にならず、今ある設備や知識で簡単にスタートできるものが多いのが特徴です。他業界で働くサラリーマンであれば、知識を身につけるだけでも精一杯ですが、エンジニアはその知識もスキルも、さらに設備までもすでに所有しています。そのため、暇な時間を有効活用しようと副業を開始する人が多いようです。
エンジニアは、収入を求めるということよりも好奇心や自分のためになる副業を求める人が多いようです。

全く違うことでも副業を?

フリーエンジニアが、空き時間を利用してスマホアプリを開発し、それが当たって副業どころか、会社を作ってしまった。最近では、そのような話も実際にあるそうです。しかし、中には全く別の業界で副業をしているエンジニアもたくさんいるそうです。
「スキーのコーチをして月に1万円の収入がある」という30代のエンジニアから、「知人の建設会社に頼んで日曜日だけ現場作業をさせてもらっている。月に5万円ほどの収入がある」と答える20代のエンジニアもいました。
そんなきっかけで副業を始めるかは人それぞれですし、その分野も様々です。しかし、共通していえるのは、決して無理をしていないということ。みなさん、副業を楽しんでいらっしゃいます。何事も無理をしていては続かないということなのだと思います。

フリーエンジニア副業トピックス

Copyright © 2014 フリーエンジニア副業トピックス All Rights Reserved.